メニュー

Latest News

custom【ご予約商品】 HS BSM 17540ngfh43745-エフェクター


このHSは1967年~1969年までブリティッシュ・ロックの数々のグループの間で使われたイギリスのホーンビー・スキューズという今は無きメーカーの回路とパーツを収集し、できうる限りオリジナルに忠実に製作されたトレブル・ブースターです。

特にリッチー・ブラックモアがDEEP PURPLEの“Deep Purple In Rock”や“Made In Japan”などの録音で残した名演がこのHSのすばらしくパワフルな音色によるものです。そこに使われている部品のOC44というヨーロッパのゲルマニュウム・トランジスタは全くオリジナルのユニットに使われていたものと同じもので、今は希少な物となっています。

HS CUSTOMはHSにボリューム・コントロールを足したものです。これはリッチー・ブラックモアが1974年に改造したもので、途中くらいまであげるとDEEP PURPLEの“Burn”やRAINBOW初期の音色を作り出す事ができます。

HSトレブル・ブースターは特にフェンダーやリッケンバッカー、バーンスやボックス等の出力の低いピックアップのために作られ、ギターのボリュームを最大にするとリード用には太い音を作り出し、ボリュームを下げた状態ではクランチーな音色をつくりだします。

またアンプのボリュームを最大にすると、パワーアンプがサチュレーション状態におちいりハイが減少します。そこでこのHSを用いることで、輪郭のはっきりした音色になります。アンプ側のプレゼンスコントロールを用いるより効果的です。とくにフェンダー、ボックスAC30、JTM45、プレキシなどのビンテージアンプを使用すると顕著にあらわれます。

リッチー・ブラックモアはちなみにマーシャルのメージャー200のヘッドを“Made In Japan”で使用し、次のような設定にしていました。

プレゼンス:0
ベース:4
ミドル:5
トレブル:6~7
ボリューム:7~8
 

これらの名称は、オリジナルにちなんでトレブルブースターとなっていますが、どちらかといえば、エンハンサー、フィルターのようなものです。BSM HS custom【ご予約商品】

京都機械工具 KTC インパクトユニバーサルJ BJP6

【ZOCALO ソカロ 直営店】チベタン・ドラゴン・ダブルドージェ・クロス・ペンダント(S) シルバー シルバーアクセ シルバージュエリー 【楽ギフ_包装選択】サンコーインダストリー (+)バインドタッチねじ(1種A形) 2 X 5【smtb-s】